ホークスファンタブレット

首相「復興支える」 野党統一候補「暴走止める」 熊本

出陣式で安倍首相から応援を受ける自民党現職の松村祥史氏(左)=22日午前10時5分、熊本市東区
出陣式で安倍首相から応援を受ける自民党現職の松村祥史氏(左)=22日午前10時5分、熊本市東区
写真を見る
支持者と笑顔で握手を交わす無所属新人の阿部広美氏=22日午前10時30分、熊本市中央区
支持者と笑顔で握手を交わす無所属新人の阿部広美氏=22日午前10時30分、熊本市中央区
写真を見る

 熊本地震の被災地、熊本選挙区(改選数1)でも与野党激突の1人区対決が火ぶたを切った。自民現職には安倍晋三首相が来援し「政府が復興をしっかり支えていく」とアピール。民進、共産、社民が推す野党統一候補の無所属新人は「安全保障法廃止や憲法改正阻止も争点」と対決姿勢を鮮明にした。

 22日午前、熊本市東区の健軍商店街。地震で倒壊したスーパーの解体現場を背に、首相は復興や経済政策に演説の大半を割き、憲法改正には触れなかった。

 首相が熊本を第一声の地に選んだのは「きちんと震災対応ができた自信の表れ」(政府関係者)。首相と並んだ自民現職の松村祥史氏は「首相の決断力と、与党の実行力で復興を成し遂げる」と声を張り上げた。陣営幹部は「安保政策などが百八十度違う民進や共産が、同じ候補を推すのは無責任だ」と野党批判のトーンを強める。

 野党統一候補として挑む無所属新人の阿部広美氏。熊本市中央区の辛島公園での出発式には、野党の党首級の姿はなかった。マイクを握ったのは支援する労組幹部や市民団体のメンバーのみで、「市民派候補」を演出した。

 昨年末に全国第1号の「野党統一候補」となり脚光を浴びた。熊本地震で状況は一変したものの、陣営幹部は「安倍政権は改憲が争点にならないようひた隠しにしている」と批判を強める。被災地で復興以外の争点はかき消されがちだが、出発式で阿部氏は「暴走する政治を変えていこう」と呼び掛けた。同選挙区には本藤哲哉氏、木下順子氏=いずれも諸派新人=も立候補を届け出た。

=2016/06/22付 西日本新聞夕刊=

◆500台限定!ホークスファン専用のタブレットが今月より発売開始。プレミアム特典も。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]