廃炉原発2基でも重要設備製造 仏で強度不足疑いのメーカー

 原子力規制委員会は19日、定例会合を開き、フランスの原発で重要設備の強度不足が指摘された大型鋳鋼品メーカー「日本鋳鍛鋼」(北九州市)が、廃炉となった関西電力美浜原発2号機(福井県)と九州電力玄海原発1号機(佐賀県)でも、重要設備を製造していたと明らかにした。

 一方、日本鋳鍛鋼は会合に提出した資料で、フランス向けの製品では、材料となる鋼鉄の塊から炭素濃度が高い部分を切除する量が少なかったことなどから、濃度が基準値を超える可能性があると認めた。日本向け製品は、濃度の高い部分を十分に切除するなど「濃度が高くなりにくい製法になっている」と説明した。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]