海上保安庁、西之島の海図作製へ 面積ドーム57個分に拡大

 東京都小笠原村の西之島=6日(海上保安庁提供)
東京都小笠原村の西之島=6日(海上保安庁提供)
写真を見る

 海上保安庁は19日、噴火活動を2013年11月から繰り返していた小笠原諸島・西之島(東京)に上陸し、海岸や海底の様子を調べる水路測量を実施すると明らかにした。調査は22日~11月10日で、早ければ半年ほどで海図を作製する。

 海保によると、西之島は9月の観測時点で約1900メートル四方の範囲に広がっている。陸地の面積は約2・68平方キロメートル(東京ドーム約57個分)と噴火前の約12倍となり、海図ができれば領海と排他的経済水域(EEZ)の合計が約50平方キロメートル拡大する見通し。

 調査には国土地理院の職員らも加わり、計約40人のチームで実施する。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]