高齢者の医療負担拡大 70歳以上、限度額アップ

 厚生労働省は30日、70歳以上が支払う医療費の限度額引き上げや、75歳以上の保険料アップなど、2017年度から実施を目指す医療保険制度の見直し案を社会保障審議会の部会に示した。中間所得以上の高齢者はおおむね負担が増えそうだ。

 医療費の自己負担に月ごとの限度額を設ける「高額療養費制度」では、70歳以上で、例えば「一般所得」に区分される年収370万円未満の住民税課税世帯の場合、限度額は現在の月4万4400円が、17年8月には月5万7600円になる。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]