南極観測隊、昭和基地へ出発 しらせが豪州を後に

 南極に向け観測船しらせで出港し、見送りの人びとに手を振る第58次南極観測隊の隊員ら=2日、オーストラリア・フリマントル(共同)
南極に向け観測船しらせで出港し、見送りの人びとに手を振る第58次南極観測隊の隊員ら=2日、オーストラリア・フリマントル(共同)
写真を見る

 【フリマントル共同】第58次南極観測隊は2日午前(日本時間同)、観測船しらせでオーストラリア・フリマントルから南極に向けて出発した。7日に南極圏に入り、月末には昭和基地沿岸に到着する見込み。

 地元の日本人ら約30人が見送りに訪れた。本吉洋一隊長は「いよいよ出発。気を引き締めていきたい」と話し、港を後にした。

 第58次隊は、南極沿岸の海氷変動の実態を解明するため海洋観測を行うほか、昭和基地でレーザー光を使った大気の精密観測なども予定している。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]