福島市で鳥インフルか オオハクチョウ1羽死ぬ

 福島県は2日、福島市の住宅の庭で死んでいたオオハクチョウ1羽を簡易検査した結果、陽性反応が出たと発表した。今後、確定検査を実施するとともに、関係機関と連絡会議を開く。

 県によると、2日午前7時ごろ、住民が死んでいるオオハクチョウを見つけた。

 現場はJR福島駅から北東約4キロの住宅地。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]