西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

東電、汚染水処分またゼロ回答 規制委聴取で経営陣

 原子力規制委の定例会合で、原発の安全確保について説明する東京電力の小早川智明社長。右は川村隆会長=30日午前、東京都港区
原子力規制委の定例会合で、原発の安全確保について説明する東京電力の小早川智明社長。右は川村隆会長=30日午前、東京都港区
写真を見る

 原子力規制委員会は30日の定例会合で、東京電力が再稼働を目指す柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の審査の一環として、川村隆会長や小早川智明社長ら経営陣を呼び、原発の安全確保に関する考え方を聴取した。川村氏、小早川氏とも、焦点だった福島第1原発で増え続ける汚染水の処分方法については具体的な説明を避けた。

 規制委は近く、東電が再び原発を動かす事業者として適格かを判断する。6、7号機の再稼働審査は終盤で、田中俊一委員長が9月に退任する前に合否判断に関し一定の方向性を示すかどうかが焦点となっている。

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]