西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

住民理解で福島の除染土再利用を 南相馬市長、環境相に要求

 中川環境相(右)に要望書を手渡す福島県南相馬市の桜井勝延市長=31日午後、環境省
中川環境相(右)に要望書を手渡す福島県南相馬市の桜井勝延市長=31日午後、環境省
写真を見る

 福島県南相馬市の桜井勝延市長は31日、環境省を訪れて中川雅治環境相と面会し、東京電力福島第1原発事故に伴う除染で生じた土の仮置き場の早期解消を要望した。住民の理解を得た上で安全性を確保しながら、放射性セシウム濃度が比較的低い除染土の再利用をできるだけ早く進めるよう求めた。

 桜井市長は仮置き場の除染土を受け入れる中間貯蔵施設の整備を進め、全量の搬入スケジュールを早く示すことも要請した。除染土の量を減らすための再利用を巡っては、海岸防災林の工事に使うなど住民の意向に沿った再利用とするため、関係省庁が加わる検討体制をつくるよう提案した。

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]