西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

愛媛・伊方原発にテロ対策施設 規制委が設置許可

 四国電力は4日、伊方原発3号機(愛媛県伊方町)のテロ対策施設の設置について、原子力規制委員会から許可を受けたと発表した。3号機は昨年8月に再稼働し、今月3日に定期検査に入った。

 四国電力によると、原発に航空機を衝突させるようなテロが発生した場合でも、原子炉を冷やす機能を維持できるように、冷却用の注水ポンプや緊急時制御室などを設置する。

 今後、工事計画を規制委に提出し、認可が下り次第、着工する。2020年度中に設置を完了する予定。

 重大事故などで非常用ディーゼル発電機が使用できなくなった場合に備え、非常用ガスタービン発電機の設置も4日、許可された。

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]