西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

奄美など世界自然遺産へ手応え 現地調査に環境省

 ユネスコ諮問機関の現地調査が終了し、記者会見する環境省自然環境計画課の奥田直久課長(中央)ら=20日午後、沖縄県石垣市
ユネスコ諮問機関の現地調査が終了し、記者会見する環境省自然環境計画課の奥田直久課長(中央)ら=20日午後、沖縄県石垣市
写真を見る

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関は20日、日本が2018年の世界自然遺産登録を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)の現地調査を終えた。環境省の担当者らは沖縄県石垣市での会見で、調査員が「地域の動物たちを見ることができ、大変感動的だった」と話したと明かし、登録に手応えを見せた。

 国際自然保護連合(IUCN)の2人が、11日から調査。この日、米軍の大型ヘリコプターが遺産推薦地に近い沖縄県東村で不時着、炎上する事故が起きた。環境省によると、現場が推薦地の外だったことを確認するのみで、問題視するような質問はなかった。

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]