「親分」を見放す日 社会部次長 相本 康一

 政と官の関係がこれほど問われた国会審議も珍しいだろう。中でも、森友問題を巡る自民党の和田政宗参院議員と太田充財務省理財局長のやりとりが忘れられない。

 和田氏は、太田氏が民主党政権時代に野田佳彦前首相の秘書官だったことから「安倍政権をおとしめるため、意図的に変な答弁をしているのでは」とただした。いつも冷静な太田氏、この時ばかりは「公務員としてお仕えした方に一生懸命お仕えするのが仕事なんで…」と血相を変えた。

 かつて取材した官僚の一人は、首相官邸幹部の秘書官に起用された際、役所の先輩から「親分と親元の間で板挟みに悩むような時は、親分につけ」と助言されたという。

 親分とは政治家、親元は出身の役所のこと。省益にとらわれず、国民の代表たる政治家を補佐しろという意味だ。同時に、懐に入り込んで信頼を得れば政治家を操りやすいという打算もある。決して卑下しているわけではない。

 投票で選ばれる政治家と国家公務員試験で合格したエリートの官僚。政と官の関係は時代とともに揺れ動く。政策立案も根回しも官僚任せ、シナリオ通りに動くのが政治家だと一時は揶揄(やゆ)された。近年は政治主導が流行語。「脱官僚」を掲げた民主党政権では、政治家自ら電卓をたたいたり、資料を作ったりする笑い話のような光景も見られた。

 「役人は役所の窓からしか世間を見ていない」。警察庁官僚から政界入りした故後藤田正晴元副総理の言葉だ(著書「政と官」)。役所の窓から見えない社会の声を吸い上げることこそ政治家の真骨頂だが、大衆迎合に陥る恐れもある。要は役割分担が大事なわけで、後藤田氏は、政と官に「上下関係はない」と記す。

 「1強」ゆえか、安倍政権は政と官を「主従関係」ととらえているようだ。政権に都合の良い答弁をした官僚を昇進させる一方、歯向かう前文部科学事務次官を攻撃し、もう民間人なのに中学での講演に圧力をかけるよう役所に働き掛ける。忠誠心を試すような和田氏の質問もしかり。文書改ざん問題では前局長一人の責任にしようとしている。こんなやり方で、プライドの高い官僚たちとの協働関係はうまくいくのだろうか。

 森友、加計(かけ)問題では政府関係者の情報リークが目立つ。霞が関が親分を見放しつつあるとみるのはうがちすぎか。官僚の得意技には、忖度(そんたく)だけでなく、面従腹背もある。

    ×    ×

 ▼あいもと・こういち 山口県下関市出身。立命館大卒。1993年入社。長崎総局、社会部、東京報道部、中国総局長などを経て2017年8月から現職。

=2018/04/13付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]