大相撲とお住まうさん 生活特報部次長 酒匂 純子

 命にかかわる緊急事態に「女性は土俵から下りて」と言うのが論外なのはさておき、盛り上がっている大相撲の女人禁制問題は、突っ込みどころ満載だ。

 ちびっこ相撲に「女子のけがが多い」という理由で女子が出場できなくなったが、男子のけがはいいのか。表彰式などで女性は土俵に上がれないが、心と体の性が一致しないトランスジェンダーの人はどうなのか。公益財団法人なのに、女性を差別するのは公益にかなっていないではないか。性別にとらわれず人権が尊重される現代に、時代遅れでナンセンス極まりない-。

 と、ここまで書いて、それは本当に私もそう思うのだが、ふとわれに返り自問する。そもそもまげにまわし姿の人たちに時代遅れと言うこと自体、私、ナンセンスではないのか(怒られそうだが)。

 「現代に女性差別はいけない」と言う人たちと、「神事だから」と一点張りの日本相撲協会には、大きなずれがある。小さいころからの相撲ファンとして、私はこのずれに挟まり、もやもやしている。

 ずれの根本にあるのは、相撲のあいまいさだ。歴史をひもとけば、スポーツとも神事とも言い切れない。大名の庇護(ひご)を受けた時代もあった。五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈り、天災を鎮める役割も担ったようだ。何より庶民の娯楽であった。女相撲もあった。文化や伝統、というより、暮らしそのものだったのではないか。ノンフィクション作家の高橋秀実さんは著書「おすもうさん」で、相撲は「住まう」だったのではないかと書く。場所を確保し、食べる、寝る、掃除する。四股を踏んで地固めし、外敵が来たらいなす。相撲とは住まうことを純化したもの。だから、「お住まうさん」と。

 こうした暮らしに根付いた「相撲」と、協会が運営する「大相撲」は別物だ。大相撲は、特に明治期以降の近代化の中で欧米の視線を意識してシステム化し、その流れの中に女人禁制もあったようだ。ただ別物とはいえ、「相撲」を近代という包みでくるんだのが「大相撲」であり、相撲が持つ緩さや非合理性を内包していて、私はそんな多層的なあいまいさに引かれる。

 大相撲が現代にある以上、現代の価値観で議論されるのは当然だ。しかし、何事も合理性ばかりが追求される現代社会は時に息苦しく、あいまいさを良い頃合いで抱えるという考えがあってもいいのでは、とも思うのだ。

    ×   ×    

 ▼さこう・じゅんこ 宮崎県出身。1993年入社。佐世保支局、都市圏情報部、もの知りタイムズ(現こどもタイムズ)編集部などを経て現職。

=2018/04/18付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]