タリバンと非公式会談か アフガン政府、和平期待も

 【イスラマバード共同】アフガニスタン反政府武装勢力タリバンの在外幹部は19日までに、タリバンとアフガン政府の代表者が今月、カタールの首都ドーハで非公式に直接会談したと語った。ロイター通信などが伝えた。タリバンの報道担当者は声明で否定したが、会談が事実なら停滞する和平協議の再開につながる可能性もある。

 ロイターによると、会談には米国の代表者も出席した。アフガン政府側は停戦を要求、タリバン側は幹部を国連のブラックリストから削除することなどを求めた。今回の協議は平行線で、収穫は少なかったとみられる。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]