比大統領「中国との対話で解決」 南シナ海問題

 北京市内で記者会見するフィリピンのドゥテルテ大統領=19日(共同)
北京市内で記者会見するフィリピンのドゥテルテ大統領=19日(共同)
写真を見る

 【北京共同】中国訪問中のフィリピンのドゥテルテ大統領は19日までに、南シナ海問題について「米国など多くの国が関与してフィリピンを支持する立場に立てば、第3次世界大戦を引き起こしかねない」と述べ、中国との対話によって解決する意向を示した。中国中央テレビがインタビューを報じた。

 ドゥテルテ氏は、20日に行われる習近平国家主席との首脳会談で南シナ海問題は「議題には入っていない」と指摘。中国側との対立を避けたい意向を示し「中国がフィリピン経済にとって唯一の希望。率直に中国の支援が必要だ」と強調した。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]