慰安婦合意「破棄は困難」 名誉の退陣検討と韓国高官

 共同通信きさらぎ会で講演する韓国国立外交院の尹徳敏院長=30日、大阪市
共同通信きさらぎ会で講演する韓国国立外交院の尹徳敏院長=30日、大阪市
写真を見る

 韓国外務省傘下の国立外交院の尹徳敏院長が30日、大阪市内で開かれた共同通信きさらぎ会で講演し、朴槿恵大統領が任期満了前の辞任に言及したことに関連し「従軍慰安婦問題の日韓合意や軍事情報包括保護協定(GSOMIA)締結は、日韓両国にとって国益だ。政権が代わったとしても簡単には破棄できない」と述べた。

 朴氏の進退問題について「日本も韓国の政局を心配していると思うが、大統領も、今考えているのは名誉ある退陣と国政をどう安定化させるかだ」と説明。トランプ次期米大統領に関し「大統領選で言ったことを履行すれば大変なことになる」と指摘し「外交政策がどうなるかは不確実性が高いが、韓国、日本との同盟は米国の資産だ」と強調した。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]