台湾でウナギ稚魚大量押収 香港へ32万匹密輸容疑

 台湾の桃園国際空港で押収されたウナギの稚魚が入った袋=11月26日(台湾税関当局提供・共同)
台湾の桃園国際空港で押収されたウナギの稚魚が入った袋=11月26日(台湾税関当局提供・共同)
写真を見る

 【台北共同】台湾税関当局は30日までに、北部の桃園国際空港で、香港へ向かおうとした台湾人ら8人の荷物から、生きたニホンウナギの稚魚シラスウナギ32万匹を発見、密輸容疑で押収した。市場価格で1600万台湾元(約5700万円)相当という。

 計128の袋に分けられ26日、預け入れ荷物から見つかった。税関当局によると、8人は「人から預かったが、事情はよく分からない」などと話している。台湾は資源管理のため、11月から翌年3月までシラスウナギの輸出を規制している。

 ニホンウナギは香港から日本に大量に輸入されるなど、取引ルートに不透明な点があると指摘されている。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]