朴大統領、地盤の大邱を訪問 近郊の父生家で放火か

 数百店舗が入居する建物が焼け落ちた現場を視察する韓国の朴槿恵大統領(左から3人目)=1日、韓国・大邱(聯合=共同)
数百店舗が入居する建物が焼け落ちた現場を視察する韓国の朴槿恵大統領(左から3人目)=1日、韓国・大邱(聯合=共同)
写真を見る
 火災があった韓国・亀尾にある故朴正熙元大統領の生家=1日(共同)
火災があった韓国・亀尾にある故朴正熙元大統領の生家=1日(共同)
写真を見る

 【大邱共同】韓国の朴槿恵大統領は1日、自身の政治基盤である南東部大邱を訪れ、11月30日に起きた火災で数百店舗が入居する建物が焼け落ちた現場を視察した。朴氏が地方での日程をこなすのは約1カ月ぶり。親友、崔順実被告を巡る疑惑で極度に悪化した世論を改善する糸口にしたい思惑もあるとみられる。

 一方、大邱近郊の慶尚北道亀尾にある朴氏の父、故朴正熙元大統領の生家で1日、火災が発生し建物1棟が全焼。警察は放火した疑いがある男の身柄を拘束した。聯合ニュースによると男は「朴槿恵大統領が退陣しないので放火した」などと供述しているという。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]