ホークスファンタブレット

中国「事態注視」 メディアは不快感 金正男氏殺害

 【北京・相本康一】中国外務省の耿爽副報道局長は15日の記者会見で、北朝鮮の金正男氏殺害事件について「関係報道に留意している。目下、マレーシア側が調べている。事態の推移を注意深く見守っている」と述べた。正男氏の妻と息子が中国の特別行政区・マカオに居住しているとの情報については「把握していない」と確認を避けた。

 一方、中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は15日付の論評で「マレーシア当局が暗殺を正式に認めれば、国際世論は必ず非難し、中国の世論も唾棄するだろう」と指摘。「暗殺行為はあってはならない。こうした野蛮な古い行為は歴史の博物館に収めるべきだ」と不快感を示した。

 中国当局は、正男氏が中国滞在時、身辺を保護していたとされる。習近平指導部は、度重なる自制要求を無視して核・ミサイル開発を続ける金正恩体制に不満を抱いているとみられ、事件が中朝関係に微妙な影響を与える可能性もある。

=2017/02/16付 西日本新聞朝刊=

◆好評の西日本新聞アプリ。30日分の全紙面と速報ニュース。初月無料でお試し!
◆ホークスFANタブレットが登場。もれなくマッチとワッチに会える特典付き!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]