日韓観光シンポ、済州島で 平昌、東京五輪を契機に交流拡大

 日韓の観光交流の拡大を議論するシンポジウムで記念撮影をする参加者=15日、韓国・済州島(共同)
日韓の観光交流の拡大を議論するシンポジウムで記念撮影をする参加者=15日、韓国・済州島(共同)
写真を見る

 【済州島共同】日本と韓国の観光交流の拡大を議論するシンポジウムが15日、韓国・済州島で開かれた。韓国観光公社の鄭昌洙社長は「来年の平昌冬季五輪、2020年の東京五輪を契機として、観光の中心を欧州からアジアに移そう」と呼びかけた。

 日本から参加した瓦林康人・観光庁審議官は、日韓の交流人口を年間1千万人とする目標について「スポーツや地方間交流を通じて交流は拡大していく」と期待を示した。ジャルパックの藤田克己社長も、日本から韓国を訪れる観光客の増加を後押しすると訴えた。

 昨年、韓国からの訪日客は約509万人だったが、日本からの訪韓客は約230万人だった。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]