西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

ロ、ICAN授賞「夢想的」 核禁止条約反対崩さず

 【モスクワ共同】世界最大の核兵器保有国ロシアの外交的立場を代弁する上院のコサチョフ国際問題委員長は6日、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)への授賞は「現実的でない、夢想的な振る舞いだ」と批判、ICANが原動力となった核兵器禁止条約に反対する姿勢を崩さなかった。

 コサチョフ氏は「ICANが目標に掲げる世界での核兵器全面禁止は、言葉では美しいが、実務上では合理的でない」と述べた。ペスコフ大統領報道官も6日、「いかなる評価も加えない。敬意を持って受け止める」としたが、「核戦力の均衡は国際的な安全保障や安定の観点から極めて重要だ」と強調した。

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]