バス転落で48人死亡、ペルー トレーラーと衝突後海岸に

 リマ北郊のパサマヨで崖下の海岸に転落した長距離バス=2日(ロイター=共同)
リマ北郊のパサマヨで崖下の海岸に転落した長距離バス=2日(ロイター=共同)
写真を見る
 リマ北郊のパサマヨで長距離バスが崖下の海岸に転落した事故現場=2日(ロイター=共同)
リマ北郊のパサマヨで長距離バスが崖下の海岸に転落した事故現場=2日(ロイター=共同)
写真を見る

 【リマ共同】南米ペルーの首都リマ北郊のパサマヨで2日、乗客乗員50人以上が乗った長距離バスがトレーラーと正面衝突した後、道路脇の崖から約100メートル下の海岸に転落し、48人が死亡、6人がけがをした。地元メディアが伝えた。乗客に外国人はいないもよう。

 トレーラーのタイヤが破損して対向車線にはみ出したという。バスは西部ワチョからリマに向かっていた。現場は太平洋に面した断崖に沿って曲線が続く道路で「悪魔のカーブ」と呼ばれている。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]