首相、北朝鮮への圧力求める 日韓会談 文氏は対話継続示す

 【平昌・一瀬圭司、ソウル曽山茂志】安倍晋三首相は9日、訪問先の韓国・平昌で、韓国の文在寅大統領と会談し、核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対して、日米韓で結束して圧力を最大限まで高めていく方針を改めて確認した。ただ、文氏は北朝鮮との南北対話も続ける意向を示しており、首相は「平昌五輪・パラリンピック後が正念場となる」と語った。安倍首相は、慰安婦問題を巡る日韓合意の着実な履行を求めたが、文氏は「問題の解決にならない」との従来の立場を説明。「未来志向の関係をつくり上げていく」との認識を共有した。

 北朝鮮問題について安倍首相は、五輪を機に南北対話が進んだことを評価。その上で、「北朝鮮は対話をしながらも核・ミサイル開発を続けている。ほほ笑み外交に目を奪われてはならない」として、韓国政府が対話路線に傾きすぎないようくぎを刺した。

 これに対し文氏は「南北対話が非核化を弱めたり、国際共助を揺るがすのは取り越し苦労にすぎない」と述べ、対話路線を継続する考えを表明。「日本も積極的に対話に立ち向かうことを願う」と呼び掛けた。

 安倍首相は、国連安全保障理事会による制裁決議を完全履行し、圧力を重視する必要性を強調。制裁を逃れるため、海上で積み荷を移し替える「瀬取り」への対応なども求めた。

 慰安婦問題を巡る日韓合意については、安倍首相は「最終的かつ不可逆的な解決を確認した以上、約束を全て実行してほしい」と韓国側に合意の着実な履行を要請。戦時徴用された朝鮮半島出身者を巡る問題で、ソウル大使館前に徴用工像を設置する動きがあることを念頭に「適切な対応をお願いしたい」と伝えた。

 文氏は、慰安婦問題は政府間の交渉ではなく、被害者の名誉と尊厳が回復した際に解決されると主張。「(被害者の)心の傷を治癒できるよう両国政府が継続して共に努力していかなければならない」と述べた。合意の破棄や再交渉は求めないとした。両首脳は、日中韓首脳会談の早期開催に向け、協力していくことでも一致した。首相の訪韓は2015年11月以来で文政権誕生後は初めて。

=2018/02/10付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]