米朝会談「楽観できない」 北朝鮮の脅威急迫と米司令官

 【ワシントン共同】米太平洋軍のハリス司令官は15日の上院軍事委員会の公聴会で、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮はアジア太平洋地域の「最も急迫した脅威」だと指摘し、米朝首脳会談の成果についても「過度に楽観視できない」として、非核化に向けた進展が可能かを冷静に見極めるべきだと主張した。

 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の会談結果の予測は困難だとしながらも「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」の最終目標を堅持し、北朝鮮に対する警戒を怠ってはならないと強調した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]