浦田、人見ら白星発進 平成チャンピオン 【山陽】

 山陽オートのG1第23回平成チャンピオンカップが19日、開幕した。走路温度が45度まで上昇した初日は、上滑りする走路状態に最重ハンディ勢が苦戦。勝ったのは、当地前回の特別G1プレミアムカップ準Vの浦田信輔、人見剛志、丹村飛竜、西原智昭の4人だけ。浦田は、初日の一番時計(3・407)で快勝した。前回覇者の青山周平は、追い届かず2着発進だった。2日目は、4個レースずつの2次予選A~Cを実施。同Aの12Rは、追いの鋭さを信頼して永井大介を本命に推した。

=2017/04/20付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]