西武先発5番手争い正念場 十亀「結果を出す」

西武・十亀
西武・十亀
写真を見る
西武・高橋光
西武・高橋光
写真を見る
西武・ガルセス
西武・ガルセス
写真を見る

西武の開幕ローテ残り1枠を懸けた争いが正念場を迎える。18日のソフトバンク戦(メットライフドーム)で十亀剣投手(29)が先発し、2番手に高橋光成投手(20)が登板予定。22日のヤクルト戦(神宮)にフランク・ガルセス投手(27)が先発予定で、限られた椅子を奪い合う三つどもえの最終バトルとなる。

 5人必要な開幕ローテは2年連続開幕投手の菊池、多和田、ウルフ、野上の4人は固まった。5人目は9日の広島戦で3回1失点の十亀がリードするものの、信頼を完全にはつかみ取れていない。十亀と同じ昨季4勝の高橋光にもチャンスを与え、先発か中継ぎでの起用法を模索してきた米メジャー通算55試合登板の新外国人ガルセスも「可能性を残している」と土肥投手コーチ。3人を慎重に見極める方針だ。

 16日は本拠地で全体練習があり、3人はいずれもブルペン入り。十亀は「結果を出し、狙っていく」と当確ランプをともす覚悟を示した。高橋光は11日の阪神戦では先発して4回4失点と苦しんだだけに「ラストチャンス」と自らを奮い立たせた。ガルセスも笑みを浮かべて「調子はいい」。逆転でのローテ奪取に自信を漂わせた。

=2017/03/17付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]