西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

西武・源田、失策挽回V打 日替わり打順で8得点

6回1死二塁、勝ち越し適時打を放つ源田
6回1死二塁、勝ち越し適時打を放つ源田
写真を見る

 お立ち台に上がった殊勲のヒーローに笑顔はなかった。7-7の同点で迎えた6回1死二塁。西武の源田は宮西から勝ち越し打を放ったが、直前の守備で自らの失策が絡んで同点に追い付かれた。「自分のせいで同点になった。ベンチからも『取り返してこい』と言われ、何とかしようと、思い切って振った」。バットに意地を込めた。

 西武打線は8月17日の楽天戦から22試合連続で異なる打順を組んでいる。「落ち着きがないように映るかもしれないが、いまは層が厚い。毎晩悩んでいる」と辻監督は明かす。8点を奪ったこの日は浅村が今季初めて5番に入った。これまで上位を打っていた源田は他選手との兼ね合いで9番を任されることが多くなった。固定されない日替わりオーダーが選手の競争心をあおる。

 守備では源田のほかに浅村も2失策するなどセンターラインにほころびが出た。辻監督は「今は勝つことが大事。それでもミスがあれだけ多いのは反省」と気を引き締めた。13日からは1ゲーム差の3位楽天と敵地で2連戦。あの手この手で2位の座を死守する。 (松田達也)

=2017/09/11付 西日本スポーツ=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]