西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

西武・炎獅子ユニで2位死守だ 楽天キラー山川が自信

炎獅子ユニを着た先月の楽天戦で本塁打を放つ西武・山川。楽天とは好相性を誇る
炎獅子ユニを着た先月の楽天戦で本塁打を放つ西武・山川。楽天とは好相性を誇る
写真を見る

 西武の山川穂高内野手(25)がきょう13日からの楽天2連戦(Koboパーク宮城)で「キラー」ぶりを発揮する。今季は同カードで打率3割7分1厘をマーク。6本塁打と15打点はともにチーム最多だ。「相性のことは意識せず、まずはしっかりと自分の打撃ができるように」との控えめな口ぶりに自信がにじんだ。

 2位の座を巡る楽天との直接対決。カード初戦は、高卒ルーキーの藤平が先発。チームにとって初対戦となる右腕に対し、山川は「真っすぐが強くて伸びがあり、スライダーも切れがある印象。どうにかして攻略したい」とうなずいた。

 ここまで打線は22試合連続で日替わりオーダーとなっているが、8月の月間MVPに輝いた若きスラッガーは4番や5番での起用が続く。この日のKoboパーク宮城での全体練習でも、フルスイングで力強い打球を飛ばした。

 楽天戦は引き分けを挟んで8連勝中。13日からは期間限定だった赤を基調とした「炎獅子ユニホーム」を再着用する。着れば13連勝を含む20勝4敗という縁起物。真夏の快進撃を再現し、ライバルを蹴散らす。 (松田達也)

=2017/09/13付 西日本スポーツ=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

ボートレース 直前チェック予想

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]