西武・秋山2冠獲得で2位確保だ

練習中、森(10)と向き合い笑顔の西武・秋山(右から2人目)
練習中、森(10)と向き合い笑顔の西武・秋山(右から2人目)
写真を見る

 西武の秋山翔吾外野手(29)が、28日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)でチームの2位確保と自身初の首位打者に近づく一打を放つことを誓った。

 2位に加え、ヒットマンの勲章が視界に入ってきた。「首位打者のためではなく、チームのために塁に出たい。その積み重ねを大事にしたい」。27日のヤフオクドームでの全体練習を終えた秋山は冷静に語った。

 プロ野球記録のシーズン216安打を放った2015年は打率3割5分9厘を記録しながら、首位打者は3割6分3厘のソフトバンク柳田に譲った。今季はリーグトップの176安打を放ち、2年ぶりの最多安打は決定的。同じくリーグトップの打率は3割2分1厘。2位の柳田に1分1厘差をつけている。ライバル不在の一戦は、さらに差を広げるチャンス。それでも秋山はまずチームのために出塁を狙うと強調する。その姿勢を貫けば、自然と数字がついてくるわけだ。

 チームは今季、敵地ヤフオクドームで1勝10敗と苦戦。秋山自身も同ドームでは打率2割3分3厘で相性はあまり良くない。それでも楽天とのクライマックスシリーズファーストステージを勝ち進めば、再び同球場での対戦となる。「もう一度、ここで試合できる可能性がある。先のことを考えると、何度も負けるわけにはいかない」。チームの勝利に加え、ソフトバンクに嫌なイメージを与える快音を響かせてみせる。 (松田達也)

=2017/09/28付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]