西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

西武の源田が「ミスター超え」 新人歴代単独3位の154安打目 リーグ最多9本目の三塁打で達成

8回2死二塁、適時三塁打を放ち新人のシーズン安打数歴代3位となった西武・源田
8回2死二塁、適時三塁打を放ち新人のシーズン安打数歴代3位となった西武・源田
写真を見る

 ◆西武10-3楽天(3日・メットライフドーム)

 西武の源田が今季154安打目を放ち、新人のシーズン安打数で1958年長嶋茂雄(巨人)の153安打を上回り歴代単独3位に浮上した。4点リードの8回2死二塁、菅原から左中間を破る適時三塁打をマークした。三塁打はリーグ最多の9本目。新人のシーズン安打数1位は56年佐々木信也(高橋)の180本で、2位は48年笠原和夫(南海)の160本。

 今季の源田は球団の新人選手として81年石毛以来となる遊撃での開幕スタメン出場を果たし、全試合フルイニング出場中。53年の豊田(西鉄)と81年の石毛が持っていた球団新人盗塁記録(25)を塗り替えたほか、同じく石毛の球団新人安打記録(127)も更新。勢いの止まらないルーキーがまた歴史に名を刻んだ。

=2017/10/03 西日本スポーツ=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]