西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

西武・源田フルイニング出場意欲 きょう最終戦「気持ちよく終わりたい」

辻監督(手前右)に声をかけられ、笑顔でキャッチボールする西武・源田(左)
辻監督(手前右)に声をかけられ、笑顔でキャッチボールする西武・源田(左)
写真を見る

 西武の源田壮亮内野手(24)が4日、史上初となる遊撃新人のフルイニング出場達成を誓った。レギュラーシーズン最終戦となる5日の日本ハム戦(メットライフ)は、新人として史上4人目、遊撃では初めてのフルイニング出場が懸かる。飛躍の1年目、レギュラーシーズンを締める一戦に向けて「気持ちよく終わりたい」と意気込んだ。

 新人のフルイニング出場は、長い日本プロ野球史上でも1958年の長嶋茂雄(巨人)ら過去3人しかいない。ポジションは二塁と三塁で、内野の要で、心身共に負担が大きいと言われる遊撃の達成者はゼロだ。「上位争いの緊張感の中で、本当にいい経験をさせてもらっている」。この日はメットライフでの全体練習で打撃練習などに取り組み、最後の一戦に備えた。

 最終戦は初タイトルとなる盗塁王獲得にも挑む。ここまでリーグトップの日本ハム西川と2差の37盗塁。「チャンスがあれば、二つ走りたい」と1位をうかがう。新人で盗塁王を獲得すれば、2リーグ制後は2001年赤星憲広(阪神)のみ。辻監督も「フルイニング出場だけでも立派だろう。チームの勝利が最優先だが、走るチャンスがあれば」と期待のGOサインを出した。

 今季の働きで、既にパ・リーグの新人王最有力候補に挙げられる。ラストゲームで金字塔を打ち立てれば、ポストシーズンでの活躍にも弾みがつく。 (松田達也)

=2017/10/05付 西日本スポーツ=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]