西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

西武源田が史上初の新人遊撃手のフルイニング出場達成 両リーグトップの三塁打は大台10本目 大分市出身

1回無死三塁、日本ハム・吉田の暴投で生還、ベンチで迎えられる西武・源田
1回無死三塁、日本ハム・吉田の暴投で生還、ベンチで迎えられる西武・源田
写真を見る

 ◆西武6-8日本ハム(5日・メットライフドーム)

 西武の源田が新人の遊撃手ではプロ野球史上初となるフルイニング出場を達成した。チームのレギュラーシーズン最終戦も「2番遊撃」で出場し、3点を追う初回無死二塁で右中間を破る適時三塁打。既に両リーグトップだった三塁打を大台の10本に乗せた。新人のフルイニング出場は、1958年長嶋茂雄(巨人)らに続く史上4人目。

 今季は球団の新人選手として81年石毛以来となる遊撃での開幕スタメン出場。前身の西鉄時代の53年豊田と81年石毛が持っていた球団新人盗塁記録(25)を更新すると、安打、三塁打、得点でも球団の新人記録を塗り替えた。

 新人のシーズン安打数では1位の56年佐々木信也(高橋)の180安打、2位の48年笠原和夫(南海)の160安打に続く155安打で歴代単独3位。58年長嶋の153安打を上回り、球史に名を刻んだ。

 ◆源田壮亮(げんだ・そうすけ)1993年2月16日生まれ。24歳。大分市出身。大分商高から愛知学院大を経て、社会人のトヨタ自動車へ。2年目に都市対抗大会優勝に貢献し、年間のベストナインにも選ばれた。ドラフト3位。背番号6。右投げ左打ち。179センチ、73キロ。

=2017/10/05 西日本スポーツ=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]