西武の呉念庭、父に弟子入り ロサンゼルス五輪銅メダル

 来季3年目の呉念庭が銅メダリストの父の薫陶を受け1軍定着を目指す。契約更改交渉では50万円減の750万円でサイン。今季は辻監督から正遊撃手候補の期待を受けながら、守備で苦しみ15試合の出場にとどまった。年末年始の台湾帰省時には、1984年ロサンゼルス五輪代表で守備の名手と名高い父の呉復連さんに教えを請う考え。「何かヒントをもらい、もっと成長したい」と意気込んだ。 (金額は推定)

=2017/12/20付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]