今季限りで西武退団、大崎雄太朗コンサル会社で再出発 プロでの悔しさを力に

今季限りで西武を退団し、コンサルタント会社に就職した大崎氏
今季限りで西武を退団し、コンサルタント会社に就職した大崎氏
写真を見る

 今季限りで西武を退団した大崎雄太朗氏(33)がサラリーマンとして第二の人生を歩み始めた。「戦力外を受けたらやめると決めていた。野球選手としてのピリオドを打つコールに感じた」。気持ち新たにコンサルタント会社「YCP JAPAN」に就職。勝負強さが売りだった現役時代同様、新たなステージで力強く生きる決意だ。

 茨城・常総学院高では2年春の選抜大会で優勝。青学大でも強打の外野手として活躍した。西武では2012年に自己最多の107試合に出場したものの、近年は代打専門での起用が続いていた。「守って走って打ちたいという葛藤はあった」。今年は1軍出場がなかったこともあり、きっぱり引退を決断した。

 セカンドキャリアはゼロからの出発を模索。自ら会社四季報を購入して企業を探し、履歴書を書いて、面接を申し込んだ。「現役時代にベンチで試合を見ていて『もっとやれる』という熱い気持ちがあった。みなぎっていたパワーやエネルギーを就職活動に向けることができた」。知人の紹介などに頼ることなく、自らの足で数十社を回った。

■起業も視野に

 現在は業務に慣れるため勉強の毎日だ。英会話も必須で年明けには海外研修も控える。いずれは企業への投資や経営者へのアドバイスなど知識を身に付け、起業も視野に入れる。「自分は特徴ある選手ではなかったけど、技術を上げて生きる道を考えてきた。この業界で野球選手に何ができるんだと思われるかもしれないが、挑戦するために選んだ。しっかり明確な道を見つけたい」と意気込む。

 現役11年間の思い出は5年目の11年。同年初昇格だった8月20日のロッテ戦に8番DHで先発出場して3安打を放ち、そのまま1軍に定着した。翌年からロッテの井口(現ロッテ監督)の自主トレに参加。野球選手としての視野が広がったという。その井口監督には「頑張れよ」とエールを送られた。「いまの仕事で井口さんに必要としてもらえるようになるくらい、自分を高めたい」。野心を胸に秘め、33歳の新人社員の挑戦が始まった。 (松田達也)

 ◆大崎雄太朗(おおさき・ゆうたろう)1984年10月18日生まれ。茨城県出身。茨城・常総学院高、青学大から大学・社会人ドラフト6巡目で2007年西武入団。07年9月24日の楽天戦(フルスタ宮城)でプロ初出場を果たした。右投げ左打ちの外野手として活躍し、通算成績は444試合で打率2割5分7厘、5本塁打、77打点。169センチ、75キロ。

=2017/12/28付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]