西武ドラ1斉藤大が雄星と異なるスタイルで勝負

さばいたカツオを試食する(左から)西武の伊藤、斉藤大、鈴木、中塚
さばいたカツオを試食する(左から)西武の伊藤、斉藤大、鈴木、中塚
写真を見る

 ドラフト1位の左腕斉藤大(明大)がエース菊池と異なるスタイルで勝負する覚悟を決めた。4日の投手陣の食事会で「同じ左投手だけどタイプは違うね」と言われたという。剛球とスライダーで打者をねじ伏せる菊池に対し、斉藤大はスリークオーターからの制球力などで勝負するタイプと自己分析。「菊池さんから参考になることは吸収しながら、自分の投球をしっかりできれば」と決意を新たにした。

=2018/02/06付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]