全国初の「GP方式」オオムラグランプリ 2日から正月レース

写真を見る

 今年の大村ボートの正月レースは一般戦では全国初の「グランプリ方式」!! 大みそかが最終日だったクイーンズクライマックス(QC)から間を置かずに2日から開催される正月レース(5日までの4日間開催)は、グランプリ(GP)やQCと同様のダブル優勝戦で、その名も「オオムラグランプリ」。

 2017年の長崎支部内の獲得賞金上位12人が3日間のトライアル(1人計6走)を争い、得点率上位6人が優勝戦へ進出。優勝賞金200万円を目指す。エンジンとボートもQCで使用したものと全く同じものを抽選で割り振る。昨年のGPに出場した原田幸哉はF休みで不在だが、下條雄太郎をはじめ中村亮太、赤坂俊輔など支部の主力が名を連ねた=表。

 13位以下と他支部勢の計32人は上位陣とは別に、準優制(予選2日間)で同100万円を目指して争う。最終日の一般戦だけは上位陣と13位以下の混合戦。

 業界初の企画レースを制するのは誰か? 全国の注目を集める4日間だ。

=2018/01/01付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]