« 前のページへ | トップページ | 次のページへ »

博多湾でアジング 2時間で15-20センチを7匹 進化の「ing」楽しむ

2014年9月10日 カテゴリー:アジ / 福岡 / 釣りニュース

 アジをソフトルアーなど疑似餌で釣ることは「アジング」と呼ばれている。魚名の下に「ing」を付けた造語は「チニング(チヌ)」「メバリング(メバル)」などと対象魚を広げて定着している。博多湾の岸壁にアジングへ。 

 小型のアジを大量に簡単に釣るのはこませカゴ付きのサビキ釣りが手っ取り早い。夕暮れの近い岸壁は家族連れのサビキ釣りでにぎわい、よく釣れていた。
 
 「なんでわざわざ難しく釣るのか」
 
 アジングには当然、そのようなまなざしが付いてくる。この「ing」にはメーカー側の市場開拓の戦略と同時にゲーム性を高める進化の「ing」の要素もある。
 
 ロッドは冬場の小型ヒイカ釣りに購入した汎用(はんよう)性のある「アジニスト66」(かめやオリジナル)。ラインは0・4号のフロロカーボン、0・6号のジグヘッドに1・3センチのソフトルアー。当たりのとりやすい細仕掛けにした。
 
 キャスティングの後は小さなリフト&フォール。上げ下げしながら誘う。グッとくる当たり。まずはスズキの赤ちゃんだった。さらに、小さな当たりはカマスの子どもだった。大きな当たりでは簡単にラインを切られた。多分、セイゴだろう。
 
 ようやく、アジが上がってきた。15センチくらいのアジゴだが、十分に引きを楽しめる。ルアーだと大きなサイズが釣れるが、この日は15~20センチくらい。2時間で7匹の釣果だった。アジは口が弱いので掛けたらソフトタッチで。
 
 この仕掛けさえあれば、こませ用のアミは不要で、手軽に釣ることができる。アジングの利点でもある。夕まずめからの釣りで、集魚効果から常夜灯のある波止が狙い目だ。
 
=2014/09/09付 西日本新聞夕刊=


西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]