« 前のページへ | トップページ | 次のページへ »

強風下、寒グロ好漁 50センチ級含め1人14~20匹 長崎県・五島列島の平島

2015年3月 4日 カテゴリー:クロ(メジナ) / 釣りニュース / 長崎

 1月29日、釣友の原中大輔さん(福岡県糸島市)、緒方弘明さん(佐賀県鳥栖市)、竹下満志さん(福岡市中央区)、牧瀬一二三さん(同市南区)とともに長崎県・五島列島の地磯を目指した。狙いは良型クロである。

 この日の天気予報は北の風、波高2・5メートルのち2メートル。同日午前4時、長崎県平戸島・西浜港にある浜本釣りセンター=0950(27)1032=のアクアライナーで出航。同5時すぎ、上五島・小値賀島の平島に到着。私は自分の息子よりも若い原中さんと一緒に"ワンドウ"と呼ばれる地磯に渡礁した。
 
 強風が吹き付ける。6時、周囲が明るくなったところでコマセを打ちながら仕掛けを飛ばす。
 
 若い原中さんがすぐにさおを曲げた。35センチほどのクロだった。私は、同型のクロを無理をして振り上げた時、浮き止めが上部に移動してしまい、浮き下が深くなっているのに気付かなかった。このため、毎回さおを曲げる原中さんに比べて数が伸びず苦戦した。
 
 原中さんは48センチの良型を仕留めて絶好調。あっという間にクロ10匹を釣り上げてしまった。
 
 とにかく強風の悪コンディションだったが、私も1匹、また1匹と追加し、50センチを筆頭に14匹のクロを釣り上げたところで午後2時半、納竿(のうかん)した。
 
 原中さんは最後までペースを落とさなかった。20匹以上のクロでクーラーを満タンにした。
 
 一方、"ママコの地"と呼ばれる地磯でさおを振った竹下さんもクロを好漁した。"ママコ瀬"で1人さおを振った牧瀬さんは4匹の釣果だったが、いずれも良型だった。
 
 この海域のクロはこのまま"寒グロ"から"春グロ"へと移行し、好調が続くと予想している。
 
=2015/03/03付 西日本新聞夕刊=


西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]