« 前のページへ | トップページ | 次のページへ »

福岡市・博多湾の沖防 スズキ80センチ超も アジゴの泳がせかルアーで

2009年9月 8日 カテゴリー:海水魚(その他) / 福岡 / 釣りニュース

 福岡市・博多湾の沖の防波堤(沖防)の釣りはチヌ、メイタだけでなく、スズキ釣りのポイントでもある。今の季節の釣り方は背掛けにしたアジゴの泳がせ釣りとルアー釣りだ。 (香月駿一郎)

 アジの泳がせ釣りはまず、餌になるアジゴを釣る。アジゴは、場所によっては朝まずめだけしか釣れない。それだけに短時間にサビキでアジゴを釣って生かしておくしかない。「スズキが釣れないときはこのアジゴを持って帰って食べる」という釣り人もいる。
 
 釣ったアジゴの背に針を通し、泳がせる。私はチヌ、メイタの落とし込み用の長ざおをそのまま使っている。外からはチヌ釣りをしているかのように見える。
 
 1カ所で粘り、回遊してくるスズキを待つか、こちらが動いて広くポイントを探るか、それは釣り人の好みである。
 
 アジの泳ぎがいつも手に伝わってくる。激しく暴れるときはスズキに追われているときだ。ヒットすれば後は豪快なやりとり。餌が大きいだけに釣れるスズキは60―70センチクラスだ。これがアジの泳がせ釣りの醍醐味(だいごみ)で、沖防の風物詩ともいえる釣り方として定着している。
 
 若い世代に人気があるのはルアー釣りだ。こちらは足で稼ぐしかない。近くで釣り人のルアーロッドが曲がった。はねない。左右に動かない。「エイかな」とその釣り人は言う。エイ、ヒラメが釣れることもあるのだ。長い格闘の末に水面に姿を見せたのは80センチオーバーのスズキだった。取り込みを手伝う。ルアーが背びれに掛かっていたから通常のスズキの動きではなかった。ルアーが口から外れたのだろう。
 
 伝統の泳がせ釣りと新しいルアー釣りが同居する沖防のスズキ釣り。秋の本格的なシーズンに入った。


=2009/09/08付 西日本新聞夕刊=


西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]