« 前のページへ | トップページ | 次のページへ »

長崎県五島・中通島沖 51センチ イシダイをゲット 鮮やか 7本しま

2009年9月29日 カテゴリー:イシダイ(イシガキダイ) / 釣りニュース / 長崎

 秋磯の開幕だ。心が躍る。天気は下り坂だがなんのその、「雨を恐れて磯釣りができるかっ」と気合十分。シルバーウイークの21―22日、釣友と長崎県五島・中通島の津和崎へ。「幻の魚」といわれるイシダイを狙う。 (米山保)

 午後2時半、タン瀬の南に渡礁。まずは雨に備えてシートを張る。釣りは段取り七分だ。
 
 北向きの海溝に狙いを定める。海底は起伏が激しく、潮通しも抜群。「自分がイシダイならここにすみたい」と思うから。釣りは運、根、勘がものを言う。
 
 午後3時半、針に餌のガンガゼを刺し、においを拡散させるため、傷を入れて第1投。リールのカウントは12メートル。「さぁ来い」と、さおを構えた途端、妻から電話。「無事に着きましたか」と。その瞬間、さお先がゴツッ!「来たぁ―」っと、さお先に集中すると数秒後、第2波がガツン!。一呼吸おいてものすごい衝撃が全身を襲う。反射的に「おりゃ―」と雄たけびを上げ、同時に、地球をもひっくり返すような大合わせ。「乗った!」。腰を落としてさおを絞ると、すさまじい反撃。魚とは思えぬ重々しい剛力に「間違いない!」と本命を確信した。幻魚との闘いに、純粋な喜びを感じながら…。
 
 30秒後、勝利の女神は釣り師に!7本しまも鮮やかなイシダイ51センチ。威厳ある顔つき。釣師が全身全霊をささげて闘うにふさわしい相手なのである。
 
 アクセスは佐世保港-フェリーで小値賀港へ。渡船「好洋丸」に乗り換える。


=2009/09/29付 西日本新聞夕刊=


西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]