« 前のページへ | トップページ | 次のページへ »

長崎・上五島津和崎岬 82センチ7.3キロの大マダイ 40センチ超クロも

2010年1月 5日 カテゴリー:クロ(メジナ) / 釣りニュース / 長崎

 各地から雪の便りが届くころ、九州の海域では魚の食いが活発になる。多くの魚は春に産卵するため活性が高まるのだ。12月13日(日)、長崎県・佐世保発のフェリーで五島、小値賀島へ。渡船・好洋丸に乗り換え、午後3時すぎ、上五島・津和崎岬の2番に上礁する。これから翌朝6時まで、夜釣りで狙うは寒グロ、旬魚である。 (米山保)

 この日の天気は曇り、波高2メートルと絶好の“クロ日和”。が、開始早々雨に見舞われ、出はなをくじかれた。

 午後7時。雨はやんだが、強風が吹き荒れ、釣りにならない。予報によると午後9時には収まるとのこと、岩陰に身を潜め満を持す。

 午後9時スタート。が、遠近深浅、当たりなし。潮は横流れだが浮きはピクリともしない。

 午後10時半、潮が沖に向かうと20メートル先で電気浮きが消えた。と、同時にものすごい衝撃がさおを襲い、道糸がバラバラと引き出された。大マダイか? ならば持久戦だ。さおの弾力を利用、沖で泳がせ体力の消耗を待つ。

 5分後、少しずつ寄せにかかる。途中、2度走られたが糸を送ってしのぎ、10分後、玉網(たも)入れに成功した。82センチ7・3キロのマダイだった。

 その後は潮と仕掛けが一致したのか、連続で40―43センチのクロを4匹ゲット、夜明け前にマダイ72センチを追加した。クロ、マダイの時期はこれから。防寒対策を万全に、再度挑戦したい。

 フェリー代は往復4千円、渡船料金は1人1万円。


=2010/01/05付 西日本新聞朝刊=


西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]