« 前のページへ | トップページ | 次のページへ »

今年の初獲物 41セン チイシガキダイ 納竿間近にヒット 長崎県五島・野崎島

2010年2月 2日 カテゴリー:イシダイ(イシガキダイ) / 釣りニュース / 長崎

 「狙った魚を手にしたい」という釣り師の飽くなき情熱は厳冬期であっても衰えることはない。1月10日(日)、長崎県平戸市の渡船「シーウィング号」で、五島・野崎島の「春一番」に渡礁する。狙うはイシダイ。今年の初釣りだ。天候は晴れのち曇り、北西の風強く波高2メートル。決して好条件ではないが、この時期はこんなものだ。 (米山保)

 午後2時スタート。餌はイシダイの大好物であるガンガゼウニを使用。が、潮行きと腕が悪く? 日没まで当たりはなかった。
 
 午後7時。寒グロを狙い、夜釣りに突入。しかし、遠近深浅反応はなく、午後11時、寝袋に潜り込む。
 
 翌朝7時、イシダイ釣り再スタート。海況は前日と変わらず、さおは沈黙したまま時間だけが足早に過ぎていった。
 
 午後1時。納竿まで1時間となったが、クーラーは空っぽのまま。「えっ、初釣りで釣果なし?縁起悪―い」と思った直後、さお先がゴツっと揺れた。野球なら好球必打、さおを構えるとゴンゴンという衝撃の後、グワンと、タップリの重量感がさおに乗った。「おりゃ―」という雄たけび、思いっ切りさおを絞るとイシガキダイが姿を見せた。本命ではないが今年の初獲物。41センチ。思わず魚にかしわ手を打ち、航海安全と豊漁を祈願した。
 
=2010/02/02付 西日本新聞夕刊=


西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]