« 前のページへ | トップページ | 次のページへ »

佐賀県唐津市・仮屋湾 メイタが絶好調 アジは期待外れ

2010年11月30日 カテゴリー:チヌ・メイタ / 佐賀 / 海水魚(その他) / 釣りニュース

 釣友3人と10月下旬、佐賀県唐津市肥前町の仮屋湾へ、アジ釣りに出掛けた。今年8月の夜釣りでの好漁が頭を離れず、仲間がそろうのを待っていた。現地の良い情報はなかったが、食膳(しょくぜん)に一品でも添えられればと決行した。 (葉山満)

 釣りセンター「孝好丸」(宮崎雅司船長)=090(3195)5540=の貸し船で夜明けとともに湾へ出た。竹の子島西の真珠だなのロープに係留した。私の仕掛けは図の通りで、餌はオキアミ。サビキを使用した人もいた。
 
 30分もすれば、まき餌にアジが群れ寄って全員が連発する予定だったが、1時間待っても当たりはない。まき餌をした場所から移動するのは、泰然自若たる太公望にはふさわしくないと知りつつ、「1匹は釣りたい」との思いが強く、豆テンヤでマダイを拾い釣りするつもりで船を動かした。
 
 23―25センチのマアジが1匹2匹と増えていった。しかし、4人に連続して掛かることはあっても、それが2巡3巡するような群れに行き当たることはなかった。
 
 竹の子島周辺の真珠だなを回り尽くし、最後に行き着いた場所は、前回夜釣りした京泊港沖の釣りいかだ。ダゴチン釣りのグループが、メイタ、チヌ、マダイ、ヘダイを釣っており、アジも数匹交じっていた。私たちは、マアジを5―10匹釣ったものの期待外れ。湾内のダゴチン釣りグループにも自慢できるような釣果はなかった。
 
 しかし、11月20日現在、アジはともかく、ダゴチン釣りで25―30センチのメイタが30匹以上釣れ、クーラー満杯になる状態が続き、宮崎船長を驚かせている。12月に入れば、早くも乗っ込みチヌが期待できるとのことだ。
 
=2010/11/30付 西日本新聞夕刊=


西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]