« 前のページへ | トップページ | 次のページへ »

夜のアジ釣り 開幕を実感 9、10月が最盛期 福岡市・小机島

2011年8月30日 カテゴリー:アジ / 釣りニュース

 福岡市西区・玄界島の属島、小机島の夜のアジ釣りは、毎年8月のお盆を過ぎてから始まる。16日午後6時、糸島半島の宮浦港に迎えに来てくれた玄界島の瀬渡し船、えびす丸=092(809)1262=で、釣友の柳池正博さん(福岡県篠栗町)、松本泰博さん(同県春日市)と一緒に小机島に渡礁した。

 南西の風にうねりが入って磯際は大きくさらしており、夜のアジ釣りの条件としてはあまり良くない。同島の夜アジは完全に暗くならないと食ってこないし、午前4時を過ぎるとパタリと当たりが止まってしまう。
 
 仕掛けに夜釣り用の浮き、ナイトハンターを配し、浮きの中央部にウミホタルの37、ハリスにチモトホタルをセットして発光させ、コマセを打ちながら飛ばす。浮き下は2メートル、付け餌は生のオキアミである。
 
 10センチほどのアジゴが盛んに付け餌をかすめ取る中、私のウミホタルの光が水面下に押さえ込まれた。ロッドをゆっくり絞り上げると、グイッと乗ってきた。抵抗するのを強引に釣り上げる。25センチほどのマアジだった。柳池さんもマアジに続いて約30センチのメイタ(チヌの幼魚)を釣り上げた。
 
 上げ潮の間は、うねりが大きく釣りづらい。私の釣り座は午前0時ごろ水没したので、しばし休憩。同2時、下げ潮になり、うねりがとれて、釣りやすくなった。下げ潮が動きだしてアジの当たりが活発になり、3人のさおが曲がり続けた。釣れたアジは血抜きし、海水をくんだバケツに入れ、まとまったところでクーラーに入れるとよい。
 
 小机島は夜アジ釣り開幕の感があり、9、10月と最盛期を迎える。時には大型マダイやチヌ、イサキなどのうれしい外道が釣れることもある。今回は柳池さんがアジ50匹、私が45匹、松本さんが25匹の釣果だった。


=2011/08/30付 西日本新聞夕刊=


西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]