« 前のページへ | トップページ | 次のページへ »

幻魚・イシダイ52センチ! 夜釣りで寒グロも 長崎県・五島列島

2013年1月15日 カテゴリー:イシダイ(イシガキダイ) / 釣りニュース / 長崎

 今年の初釣りは正月気分も抜けきらぬ1月4、5日。長崎県五島列島で昼はイシダイ、夜はクロを狙う計画。4日午前10時半、白川直樹さん(長崎県佐世保市在住)と私は、渡船「好洋丸」で津和崎岬の灯台下0番へ向かった。

 この日の海況は1月には珍しい冬なぎ。まずはガンガゼを餌に遠近深浅を探った。が、瀬戸に吸い込まれる急潮に翻弄(ほんろう)され、ボウズのまま日没を迎えてしまった。
 
 午後6時、夜釣りにチェンジ。オキアミを餌に電気ウキで3メートルの棚を探り、40センチ級の寒グロを7匹ゲットする。しかし、寒さに耐え切れず、同11時には寝袋へ。
 
 翌朝7時からイシダイ再挑戦。折あしく最干潮で潮は動かないが、白川さんは1投目から渋いアタリを捕らえ、イシダイ42センチをゲット。「こいつは春から縁起が良いわい」となった。
 
 午前9時半、納竿(のうかん)まで残り30分。ようやく上げ潮が動きだし、小さなアタリが出始めた。ラストチャンス。愛竿(あいかん)を構えると、ゴツッ! しかし後が続かない。それでも辛抱して待つこと2分。さお先がすーっと下がり、そのまま走った。
 
 「オリャ~!」渾身(こんしん)の力でアワセをたたき込む。「乗った!」。さおが「つ」の字を描く。しかし容赦はしない。ポンピングで絞り上げる。海面で七本しまがヒラを打った。幻魚・イシダイ52センチ。初釣りにして何たる幸運! 正月が戻って来たような気分であった。


=2013/01/15付 西日本新聞夕刊=


西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]