« 前のページへ | トップページ | 次のページへ »

厳寒期の釣り、繊細に 適切な対処で大物も 長崎県西海市・太田尾港

2013年2月12日 カテゴリー:チヌ・メイタ / 釣りニュース / 長崎

 梅の香が漂う2~3月は海水温が底を打つ。この頃、変温動物である魚類は活性が下がり、釣りは一年中で最も難しい時季となる。しかし釣れないことはない。それどころか思わぬ大物と出合うこともある。「彼を知り、己を知れば百戦危うからず(孫子の兵法)」。まずは狙う魚の習性を知り、適切に対処すれば必ず食って来る。

 厳寒期の私の穴場は長崎県西海市の太田尾港。岸壁釣りだが目の前は五島灘、沖合にはチヌ釣り場として有名な片島を望む。しかも岩場や消波ブロックが隣接、海底には船道もあり、釣り場としては最高だ。
 
 ここでの私のレコードはクロ43センチ、妻の瑠衣は49センチのチヌ。このほかにも専門に狙えばメバル、アラカブ、ミズイカも。実績はないが、スズキのライズ(海面に上がってくること)を見かけたので、朝夕か夜間にルアーを投げ入れれば面白い。
 
 しかし岸壁の魚はすれている。釣り方や仕掛けは繊細さが必要だ。大声を発したり、むやみに動き回るのは厳禁。警戒心の強い魚に釣り人の存在が筒抜けとなる。
 
 エサはオキアミ、エビのむき身、ダンゴ、ゴカイなど。まき餌はオキアミ+アミ(各1角)+集魚剤2袋。特に釣れる時間帯は、浮きが見えにくいような早朝か日没直前だ。健闘を祈る。
 
 「春立つや小海老に赤き色浮きて」(瑠衣)


=2013/02/12付 西日本新聞夕刊=


西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]