« 前のページへ | トップページ | 次のページへ »

大型キスに「すみません」!? シーズン前 “謙虚に”満喫 佐賀県唐津市・仮屋湾

2013年4月23日 カテゴリー:佐賀 / 海水魚(その他) / 釣りニュース

 釣り仲間の集まり「ノー・フィッシュ・クラブ」(略称・NFC)のメンバーと、佐賀県唐津市の仮屋湾へ本格的なシーズンを前にキス釣りに出掛けた。数は出なかったが、型は良かった。 

 NFCの船舶部長の操縦で貸し船に乗り込んだ。「湖の釣りのようだ」と仕掛け部長が叫ぶ。湾口が狭い仮屋湾の内海は湖沼のように波もなく穏やかだ。それに場所によっては水深5メートル前後。おもり3号~5号。短ざお、細仕掛け。あのキス特有のくくっ、といった手ごたえをじかに感じられるのが仮屋湾の魅力だ。また、湾を囲む新緑のロケーションも申し分ない。
 
 NFCの規約は「謙虚」であることだけ。「ノー フィッシュ」であればドヤ顔ができ、釣れれば「すみません」と頭を下げなくてはいけない。
 
 エンジンを止め、船を流していく。まず、船舶部長のさおが曲がった。「すみません」。20センチのキス。次の「すみません」は仕掛け部長。25センチ。例会の釣りごとにドヤ顔ばかりの車両部長が珍しく「本当にすみません」。えっ? 大キスを手にしている。尺(30センチ)に近い。珍事だ。一同は「それはエソだ」とちゃかすしかなかった。
 
 仮屋湾は一年中、キスを狙える場所。船釣りでなくとも岸からでも釣果を挙げることができる。
 
 この日は20センチ以上の良型ばかり。NFCの規約に沿えば一同「すみません」の一日だった。キス釣りシーズンもスタートを切った。
 
 貸し船「孝好丸」=090(3195)5540。
 
=2013/04/23付 西日本新聞夕刊=


西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]