« 前のページへ | トップページ | 次のページへ »

幻魚・イシダイを追う 最大級? 痛恨の「バラシ」 長崎県・五島列島

2013年6月 4日 カテゴリー:釣りニュース

 「目には青葉」の季節。海水温が上昇し、イシダイ釣りの幕開けとなる。ゴールデンウイーク真っ盛りの5月4、5日、長崎県の五島列島で幻魚・イシダイに挑戦した。

 午後2時半、同県佐世保市の渡船「ニューレインボー」で五島列島北端の古志岐三礁へ。「ヘタの瀬の一等席」に上礁する。イシダイのA級ポイントだ。持参のエサはアカガイ、ヤドカリ、ガンガゼ。イシダイ餌の"三種の神器"である。これで釣れなければイシダイがいない!か、腕の問題であろう。
 
 同3時にスタート。まずはアカガイで足元の水深17メートルに仕掛けをはわせる。すると3投目にして「ゴツッ」という当たりが。そのまま待つとさおが舞い込んだ。しかし、釣れたのは小型のカンダイで、その後当たりは途絶えた。
 
 5時。ヤドカリのエサに小さな反応が出た。慎重に構えると、いきなり引っ手繰るような衝撃、さおは瞬時にのされてしまった。懸命に起こそうとするが、逆に締め込まれ、道糸22号が切れてしまった。
 
 初めて経験するパワーだった。相手の正体は不明だが、イシダイの最大級か10キロ超のカンダイか。一瞬のことで、なすすべはなかったが、大バラシのせいか、その後、海は沈黙してしまった。
 
 8時、夜釣りにチェンジ。瀬際で41センチの抱卵クロ、沖に払い出す潮で旬のイサキとマダイ53センチをゲットする。
 
 翌日、夜明けとともに逃した怪魚?を狙うが、柳の下にどじょうはいなかった。
 
 「愚者は経験に学ぶ」という。近々、再挑戦の予定である。
 
=2013/06/04付 西日本新聞夕刊=


西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]