« 前のページへ | トップページ | 次のページへ »

メイタ、落とし込み釣り ルアーでサワラもヒット 博多湾・沖の防波堤

2013年10月 9日 カテゴリー:チヌ・メイタ / 福岡 / 釣りニュース

 福岡市・博多湾内の「沖の防波堤(通称・沖防)」はメイタ、チヌ釣りの聖地である。豆ガニを餌にした攻めの釣りである落とし込みで、釣り仲間と長い堤防を歩いた。

 こすり釣り、へち釣りとも呼ばれる落とし込みは、海に囲まれ、岸壁を持つ日本独特の釣法である。中でも沖防は九州を代表する落とし込みの釣り場である。特に柔らかい短ざおで餌は豆ガニ、おもりには鉛の代わりにヒューズを使った伝統的な釣り方も継承されている。
 
 沖防への渡し船「はやと丸」(往復2千円)に乗って赤灯台へ。「赤」に渡った釣り人のうち私たち2人のほかはスズキ狙いの若いルアーマンだった。
 
 ハヤ釣りの改良ざおに1号のラインを針に直結。鉛はヒューズではなく、「B」のおもりを針のチモト(根元部分)に打った。至ってシンプルな仕掛けだ。
 
 「赤」の内側は堤防が低く、水深も3~4メートル。3メートル間隔で岸壁の際にゆっくりとカニを落とし込んでいく。さお先のわずかな当たりを見逃し、エサだけを取られていることが多い。とりわけ、食い上げのときは糸ふけだけの判断になり、さらに難しい。
 
 この日、帰りの昼までに十数回の当たりがあったが、掛けたのは5匹だけだった。未熟だが、その難しさも落とし込みの面白さだ。釣れたのは25センチ前後のメイタだが、軟竿(なんかん)だけに「つ」の字に曲がり、その引きを心ゆくまで堪能できた。
 
 当たりが途絶えたときにはルアー釣りをした。スズキはヒットせずに、釣れたのはサワラだった。都心のすぐそばの沖防。秋のシーズンが始まった。
 
 「はやと丸」=090(9600)8810
 
=2013/10/08付 西日本新聞夕刊=


西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]