« 前のページへ | トップページ | 次のページへ »

ライトエギングでヒイカ 繊細、微妙な当たり楽しむ 福岡市・博多湾

2014年1月22日 カテゴリー:海水魚(その他) / 福岡 / 釣りニュース

 ライトエギングの格好の相手がヒイカ(標準和名・ジンドウイカ)だ。福岡市・博多湾の冬の釣りとして定着している。博多湾の須崎埠頭(ふとう)に出かけた。 

 ヒイカは成長しても10~15センチと小さい。コウイカやアオリイカの釣りと比較してライト感覚のエギングである。釣り具メーカーの戦略でもあるが、最近、ヒイカ専用のエギやロッドも販売され、徐々に人気が出ている。
 
 基本的には満潮に合わせた夜釣りだ。寒さで、ともすれば出かけるのがおっくうになるが、それを超える動機はあのかすかな当たりと味である。
 
 エギは小さく、1・5号から2・2号。私のヒットエギはオレンジ夜光の1・5号だ。
 
 ロッドもヒイカ専用があるが、穂先の柔らかいアジング、トラウトロッドでも十分に転用できる。エギングだけでなく、餌釣りも面白い。餌はモエビで、掛け針の付いた市販の仕掛けで狙うことができる。
 
 波止のポイントは集魚効果のある常夜灯の届く光の周辺だ。1、2、3...と30近くカウントしていったん、底を取る。後はゆっくりとタダ巻きし、時折、小さなリフト&フォールなどでエギに動きを加える。
 
 ヒイカが乗る。重みを感じる。コクッ、コクッとした当たり。この繊細で微妙な味わいがこの釣りの醍醐味(だいごみ)だ。群れていれば、数釣りもできる。当たりがないときはポイントを変え、積極的に攻めてみる。博多湾では箱崎埠頭、中央埠頭、姪浜漁港などもポイントである。
 
 味は言うまでもない。刺し身、煮つけ、天ぷら、沖漬けなど食べ方は多彩だ。
 
 寒中の夜釣りだけに防寒対策だけは怠りなく。
 
=2014/01/21付 西日本新聞夕刊=


西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]