« 前のページへ | トップページ | 次のページへ »

夜の岸壁 テナガダコ スズキ釣りから一転 福岡市・博多湾岸壁

2013年6月20日 カテゴリー:海水魚(その他) / 福岡 / 釣りニュース

 夜釣りのシーズンだ。涼みがてら、夜のお相手のスズキを狙って福岡市・博多湾の岸壁に出掛けたが、思わぬ展開が待っていた。 

  闇の中の夜光浮きが波に揺れる。美しい。ルアー釣りでも構わないが、この夜はフカセ釣りを選択した。ゴカイの房掛けか、キビナゴの1匹掛け。
 
 浮き釣りの快感は浮きが消し込む一瞬だ。フカセ愛好者はこの時にすべてをかけている。とりわけ、夜光浮きが波に光を散らしながらのアタリは「いとおかし」だ。
 
 35センチくらいのスズキの子どもを釣って一服していると、横の釣り人たちが騒いでいる。メバル釣りのソフトルアーにタコがかかったのだ。マダコではない。手が長い。テナガダコである。
 
 意志が弱い。これを見て、タコ釣りに変更した。釣り道具に買ったタコエギがあった。イカ釣りのエギのフックの部分をタコ用に改良した、がまかつ製だ。釣り具メーカーがこういうエギを発売するということは、タコ釣りが少しばかりメジャーになっているということだろう。タコ釣りも進化している。
 
 底付近にいるコウイカ釣りの要領でいったん底を取り、軽くフォール。その繰り返しの中で、急に重くなった。タコ釣りに釣趣(ちょうしゅ)はない。この重さがすべてだ。岸壁を歩いて広く探れば、ある意味、簡単にタコがあがってくる。
 
 スズキ、アジ、メバル...。そして、タコの登場。夜の釣りも「いとおもしろき」世界だ。ウナギ釣りの季節にもなる。
 
 夜釣りは特に安全には注意するべし。ライフジャケット、懐中電灯などは必携品だ。
 
=2013/06/18付 西日本新聞夕刊=


西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]